FC2ブログ

働かざるもの食うべからず?誰に向かって言ってるの?

安易に使う「働かざるもの食うべからず」って言葉、とても違和感がある。

「働いていないのであれば食ってはいけない」ように聞こえるが、対象となるものは誰をさすのか?


元は新約聖書の「テサロニケ人(びと)への第2の手紙」に登場する

以下

兄弟たちよ。主イエス・キリストの名によってあなたがたに命じる。怠惰な生活をして、わたしたちから受けた言い伝えに従わないすべての兄弟たちから、遠ざかりなさい。わたしたちに、どうならうべきであるかは、あなたがた自身が知っているはずである。あなたがたの所にいた時には、わたしたちは怠惰な生活をしなかったし、人からパンをもらって食べることもしなかった。それどころか、あなたがたのだれにも負担をかけまいと、日夜、労苦し努力して働き続けた。それは、わたしたちにその権利がないからではなく、ただわたしたちにあなたがたが見習うように、身をもって模範を示したのである。また、あなたがたの所にいた時に、「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」と命じておいた。

以下略。
「新約聖書」325-326ページ、『聖書』日本聖書協会、1971年。
以上


でこれを引用したのがレーニンである。

レーニンは、当時ロシアに居た貴族や資本家などの特権階級が、土地代や金利などの権利物による不労収入により庶民以上の贅沢な生活をしていたことを攻撃するため、この一節を演説で引用した。

そういった不労収入で贅沢な暮らしをしている特権階級を倒して共産主義革命を!という趣旨での「働かざるもの食うべからず」であったようだ。

要するに、この言の対象とは「不労収入で遊んでいる人、豊かな特権階級者」ということだ。


共産主義とかいろいろあるのだけれど、実際として物事を二極化したうえで対立軸とし、もってルサンチマンを醸す土壌として、利用されていたのだろうとおもう。
つまり、日本で共産を少しかじった人からすれば、既得権益者がそれに当たり、権利物を持つものVS持たざるものということである。まぁ、既得権益者を倒したといっても、自分らがそれらに取って代わりたいだけで、決して一般には還元されないのが世の常である。
であるため、根底としてエリート主義が共産には吹き荒れ、判るべき物が指導するとなるようだ。

そういった背景を知っているのもいいのだろうが、しかしこの言葉は心にしこりとしてずっと残る。
というより強迫観念となり、そう言われないための生活が主軸となってしまうことに違和感と不条理を感じてしまうのだ。どういうことかというと、生きてゆく答えというのがこれに集約されてしまうということだ。

どこぞのおっさんに

「お前がどんな生き方をしてもいいが、結局働かざるもの食うべからずなのだよwww」

などと、諭されてしまう。そんな感じ。

でもそれって、何を言わんとしているのか不明瞭だ。

税金を払え?
体が砕けても死ぬまで働け?
公的援助はもらうな?
病気になるのはなったやつが悪い?
事故にあったらあったほうが悪い?
でもローンで家建てて借金返すのは奨励?
結局なにを言いたいの?


簡潔に言えば、弱いものが弱いものに向けて言い放って、今の自分の安泰を確認してるだけだろ?
そういった寝言は、自分自身に言ってみたらどうだ。もしくはどこぞの電力会社にでも言ったらどうだ?


実際、弱い上に働くことを蔑んでいるものがこういった言葉を吐くのを何べんも見てきた俺は、聞くだびに「自分に向かって言え。」と思うのだった。

スポンサーサイト