FC2ブログ

格安海外送金方法から見る、日本金融機関の権利金 1

実は私は格安で海外送金を行っている。


着金までの総金額は100万円以下なら6000円以下だ。

これがどれほど安いか、以下検討してみよう。


まず、日本円100万円をオーストラリアに送金する場合。


1)銀行にて手続きを一貫して終わらせる

日本円から豪ドルへの両替手数料

http://www.gaika-bank.com/2008/08/post-8.html

から見ると

三菱東京UFJだと1ドルにつき2円の手数料(片道)

実勢が82円なら+2円の84円で交換となる


海外送金は

三菱東京UFJ銀行HPより

http://direct.bk.mufg.jp/tesuuryo/index.html#tesuuryo04

他行あて、普通扱:4,000円

円建て送金は上記に加え

送金金額の1/20%(最低2,500円)かかる。


オーストラリアの銀行での着金手数料は10ドルほどなので、


上記条件で100万円を送金した場合を計算すると以下の通りだ。

豪ドル円レート82円+手数料2円=84円で考慮する。


100万円÷(82円+2円)=11904.76ドル


比較対象として

手数料がゼロであったならば

100万円÷82円=12195.12ドルなので

2円分の手数料は290.36ドル。円で考え直すと、290.36ドル×82円=23809.52円ということだ。

しかし、野村MMFでは80銭程度(最新は各自確認要)なので、比較としてMMFを利用した外貨両替を考慮すると、

100万円÷(82円+0.8円)=12077.29ドル

その差額12195.12ドル-12077.29ドル=117.83ドル

117.83ドル×82円=9662.06円が両替手数料となる。

よって1豪ドルあたり1.2円の節約(23809.52円-9662.06円=14147.46円)となる。



でその11904.76ドルを送金すると4000円


また着金手数料で10ドル


合計は

両替手数料290.36ドル+送金手数料4000円+着金手数料10ドル=300.36ドル+4000円

円貨に統一すると


300.36ドル×82円=24629.52+4000円=28629.52円

1円未満切り上げて

28630円かかるということになる。


これは100万円当たり2.86%のコストとなる。



私の場合は、総額6000円程度なので

差額として22630円の節約であり、送金コストは0.6%だ。





知っているのか、知らないのかの、この差が、つまり日本金融機関の権利金なのである。




時間があるときにまた詳しく述べよう。


次回は日本国内FXを利用した場合の、海外送金コストを研究する。




スポンサーサイト